勾玉

勾玉の意味がスゴイ!

勾玉は、古事記で三種の神器と紹介され、縄文時代の古墳などから見つかるほど、

古くから、不思議な力が宿ると言われていて、天皇の即位の儀式の時に使われるほど神聖なものです。 

 

勾玉の不思議な形は、頭の部分が太陽を表し、尾の部分が月を表しています。

この太陽と月が重なりあった形は大いなる宇宙を崇めていたと言われています。

 

いろいろな神話や伝説にも出てくる、宇宙と太陽と月という3つの要素が、この小さな勾玉に含まれているのです。

 

また、勾玉を2つ並べ組み合わせると、ひとつの円になります。 これは、2つのエネルギーがぶつかり合い、渦が生じた姿を表していると考えられています 1つになることで、また新たな大きなエネルギーが生まれるのです。

 

また、形が胎児に似ているので、人や獣に魂が宿る「宿りの形」とされ、呪的な力が宿ると言われています。

 

エヴァンゲリオンの中の使徒にも、出てくる生命の形がこの形で、生命の始まりを表している形になります。

そこから、進化が始まるのです。

 

そして穴には祖先とのつながりを持つことにより、我が身に降りかかる邪気・邪霊から身を守り、その恩恵を受けたとされています。

 

私が作成した勾玉は、伊勢神宮と出雲大社の神聖なお水で清めた水晶を入れて作ったオルゴナイト仕様になっているので、とてもパワーがあるものになっています。

 

また隕石の粉を入れた勾玉を作ることもできます。

 

勾玉+隕石が合わさると、更にすごいパワーに♪

 

勾玉のオーダーメイドは下記にご連絡をお願い致します。